気持ちを作るテンプレートーお子さんに、絵本を読むお気に入りの場所を聞いてみましょう

NANIROWeb

お子さんに、絵本を読むお気に入りの場所を聞いてみましょう

目的

自分や相手の気持ちを感じる
きっかけをつくる

絵本の感想を話し合うなど、“気持ち”に関する会話をすることで、お子さんが感情に興味を持ち、自分や相手の気持ちを大切にでききるようになります。

期待できる効果

感情に注目する習慣が付き、自分や相手への気持ちの感度が高まります。

気持ちを言葉で伝えることが上手になり、お子さんがイライラすることが少なくなります。

以下のような会話から
始めてみよう

  • 保護者

    絵本面白かった?
    今、どんな気持ち?

  • 子ども

    楽しい気持ち

  • 保護者

    そうなんだ!
    自分の気持ちが言えて
    (お子さんの名前)はすごいね!

お子さんが上手く
答えられない場合は…

  • 保護者

    絵本面白かった?
    今、どんな気持ち?

  • 子ども

    んー、分からない

  • 保護者

    じゃあ、
    今日の絵本は気にいった?
    イマイチだった?

  • 子ども

    イマイチだった

  • 保護者

    イマイチでも、
    そうやって気持ちを感じることができて凄い事だよ!

「好きかな?嫌いかな?」「面白かった?つまらなかった?」と、2択で聞き直してみましょう。

ポイント

気持ちを感じるきっかけを作ることが目的です。
感じ方は自由!どのような答えでもほめて会話を終わらせましょう。

また、気持ちを表す言葉は、ワクワクやプンプンなどのオノマトペでも構いません。
お子さんがオノマトペで表現した気持ちは、「喜びかな」「怒りかな」など、言葉で言い換えて通えてあげると、お子さんの(気持ちに関する)語彙力が高まります。

上記のアドバイスは参考になりましたか?

絵本の感想を話し合うなど、“気持ち”に関する会話をすることで、お子さんが感情に興味を持ち、自分や相手の気持ちを大切にでききるようになります。

声をお聞かせください

よろしければ、上記のアドバイスに関するご感想、ご質問などがあればぜひご記載ください。




Topへ